引越し費用 一人暮らし 総額

今年の夏に、一人暮らしをしていた埼玉県熊谷市から、彼と同棲するために神奈川県横浜市へ引っ越しました。

 

一人暮らし引っ越しで値段は52,000円。

 

何度も値切り交渉をしたので、だいぶ安く収まりました。

 

引っ越しの準備をしていて感じたのが、自分の荷物の多さです。

 

服を整理するだけでもとっても時間がかかったけれど、実際にいつも着ている服はそこまでありません。

 

書類やプリント、本、漫画、紙類もたくさんありました。

 

もう古くなったフライパン、新居では使わないもの、「いつ捨てるの?」と感じるものもたくさんありました。

 

一人暮らしだと、捨てるのもまた一苦労でした。

 

毎日捨てられるわけでもなくて、計算してゴミ捨てをしないといけません。

 

全部の日程をスケジュール帳にかいて、計画的にゴミ捨てを行いました。

 

どうしても捨てられないものや、いつ捨てるのかわからなかったものは、引っ越し業者さんが引き取ってくれました。

 

当日朝早くからの引っ越し作業だったので、その日のゴミは捨てられたのですが、それも持って行ってくれるやさしさ。

 

値段も安くしてもらったし、とっても暑い日だったので、とっても申し訳ないけれど、とてもありがたかったです。

 

段ボールいくつかと、洗濯物を干すラックなど、小さいものから大きなものまで引き取ってくれました。

 

一人暮らしだと、どうしても準備が完全にできなかったり、分からないことも多くて困りました。

 

重たい粗大ごみを処分するのも大変だし、冷蔵庫の中身を消費するのも大変だし、なにかと苦労が多いです。

 

引っ越し代もそこまで出せるわけじゃないし、不安も多かったです。

 

それでも引っ越し業者の方が親切だったので、なんとかなったかなと思います。

 

私は何かと荷物を溜め込むタイプでした。

 

だから引っ越しをしたことで、また一から新しい部屋で、新しい生活を送ることができました。

 

彼は荷物を溜め込まないタイプでした。

 

だからこそ衝突することもあったけれど、今では幸せな生活を送っています。

引越し費用 一人暮らし 総額 その2

会社を転職したことと彼女と別れることが重なり、気分転換の意味も含めて引っ越しをしました。

 

1DKの部屋だったのですが、会社へ路線を変えずに通えることと彼女の一人暮らしの部屋から2駅しか離れていないこともあり選んだのですが、私一人で住むには少々広いと感じましたので1K程度で過ごしやすい物件を選びました。

 

最初は車を借りて一人で引っ越そうと思ったのですが、引っ越し先が同じ系列会社が管理するマンションだったことで引っ越し業者を安く手配してくれると提案されたので頼むことにしました。

 

事前に引っ越し業者の方が引っ越しシュミレーションの下見に来て、さっと内見して簡単に見積もってもらえました。

 

相場より1万円ほど安いらしく、すぐにお願いすることにしました。身の回りのものだけ段ボール詰めしてくれればいいと言われ、段ボール・ガムテープ・クッション性のある敷物など一式を置いて行ってくれました。

 

10箱ほど詰めて、段ボールが足りなくなり、業者さんへ連絡すると会社帰りにマンションの1F入口付近に置いてあるのを見つけ有難く使わせてもらいました。

 

当日は見習いですので料金には変わりませんと3人で作業してもらいました。

 

私が収納した段ボールを運び終わると、家電やベッド、照明などの梱包に取り掛かってくれました。

 

手際がいいものと感心して見ていると、冷蔵庫の電源を抜くときの手順や洗濯機の運ぶ前の手順を教えてもらえ、引っ越し先で配置後の手順も後で教えますと丁寧に説明してくれました。

 

家電を部屋に入れたとき、その業者さんが設置してくれたので自分でどうやるか知らなかったことを思い出しました。

 

そうこうしているうちに搬送の準備が整ったので、昼食を含めて1時間ごに引っ越し先で落ち合う約束をして出発して行きました。

 

残った私は公共料金の精算をしつつ、管理会社の方へ部屋の中をチェックしてもらいカギを手渡しました。

 

引っ越し先へ行くと、すでにトラックが待機していたので、部屋を開けて中へ運んでもらいました。

 

1時間くらいで搬入を終え、最後に引っ越し料金を渡して完了しました。夜になり明かりをつけて改めて引っ越したんだと実感しました。